ほくろ除去にかかる費用!病院選びは実績で厳選しよう

  1. ホーム
  2. 状態に合わせて施術を選ぶ

状態に合わせて施術を選ぶ

レディ

同時に美しさも手に入れる

顔にあるほくろが気になる、また悩んでいる人は大勢います。「泣きぼくろ」のようにチャームポイントといわれるものもありますが、やはり顔の目立つところにある、サイズが大きいといった場合は、多くの人にとって悩みの種です。どうしても人の目が気になってしまう、化粧をしても隠しきれない、そんな時に利用したいのが医療機関です。病院やクリニックなどで、ほくろは簡単に除去してもらうことができます。医療機関でほくろを除去してもらう際に、よく利用される方法は炭酸ガスレーザーによる治療や電気メスによる切除です。炭酸ガスレーザーでは、レーザー光線と細胞内の水分が反応することによって生じる熱を利用して、ほくろの組織を蒸散させます。一方電気メスでは、電気の熱エネルギーを利用することでほくろの色素を分解していきます。どちらも皮膚を切開する外科的手術とは異なり、大きな痛みを伴うものではありません。もちろん肌へのダメージも小さいため、施術後に傷跡が残ってしまう可能性も少なくて済みます。このようなほくろの除去は、簡単・安心な医療のひとつです。それぞれの方法には、治療の回数や再発のリスクなど一長一短があります。また、ほくろの大きさや状態によってどちらがより適しているのかは異なりますし、他の除去方法を選択しなければならない場合もあります。そのため、除去の際には医師とよく相談を行う必要があります。ほくろを除去する際に利用される医療機関のうち、代表的なのが美容外科と一般の皮膚科です。どちらも専門の医師が行う医療行為なので安全性には問題がありませんが、ひとつ大きな違いがあります。皮膚に関する治療の専門家である皮膚科の医師に対して、美容外科の医師は治療に加えてその後の美容、つまり見た目の美しさについての専門家でもあります。そのため、外見の悩みからほくろを除去するような場合には、美容外科を利用するのがより適切だと考える人が多いです。単にほくろを取り除くだけではなく、除去した後の見た目にもこだわりたい、そのようなことから美容外科が人気の治療場所として選ばれています。