ほくろ除去にかかる費用!病院選びは実績で厳選しよう

  1. ホーム
  2. 美容外科で悩みを解消

美容外科で悩みを解消

鏡を見る人

お肌の悩みを解消するには

お肌の悩みは多種多様で、人それぞれ気にしている事柄も異なります。中でもほくろに悩む人は多く、除去を目的として美容外科を訪れる人は少なくありません。ほくろの除去法で最も一般的なのは、レーザーを使った方法です。対象部位にレーザーを照射することでほくろを除去するのですが、これが最も簡単で治療費も抑えられる方法だと言われています。レーザーによるほくろ除去のメカニズムとは、色素に反応するレーザーを治療したい箇所に当てることで、レーザーが反応してほくろの色素を除去し、ほくろ自体を目立たなくするというものです。治療は1回で済む場合もあれば数回繰り返さなければならない場合もありますが、1回の治療に要する施術時間は10分程度と短く、非常に手軽であることから人気のある治療法です。痛みは多少ありますが、輪ゴムで弾かれる程度の痛みだったという感想を述べる人も多く、耐えられないような痛みではありません。またレーザーの種類も一つではなく、病院や症状によっても異なります。使用するレーザーによってダウンタイムの長さや痛みのレベルも異なりますし、もちろん治療費そのものにも違いがあります。レーザー治療で除去できるほくろの大きさには限度があるため、レーザーで取り切れないほくろももちろん存在します。大きさだけでなく、凹凸があるものもレーザーで滑らかにすることはできません。そういった症状がある場合には、切除という方法も検討する必要があります。あまり大きいほくろの場合、単に除去が難しいということだけではなく、再発のリスクもあることから、切除を勧められるケースが多く見られます。ほくろの芯を残したまま治療を終了すると、再発する可能性が高くなるため、メスを使ってきちんと切除してしまう方が良いと判断されるからです。メスを使った除去法では、切除後に縫合する場合と軟膏だけで終了する場合とあります。縫合の場合は傷跡が残るリスクがありますから、術前にどの程度の跡が残るのかしっかりと確認しておくことが失敗しないための重要なポイントとなります。軟膏だけで終了する場合には、術後の出血が多くなることから、ダウンタイムを取れる時期に治療を受けるのがお勧めです。