ほくろ除去にかかる費用!病院選びは実績で厳選しよう

  1. ホーム
  2. 美容外科と皮膚科の選択

美容外科と皮膚科の選択

看護師

一長一短な部分を考慮

印象的なほくろがチャームポイントという方もいらっしゃいますが、逆にほくろがコンプレックスという方も少なくありません。ほくろの出来る場所や大きさによって見た目の印象は大きく左右されますし、紫外線や年齢と共に徐々に数が増えていく傾向もあります。場所や大きさによっては、メイクで隠すことも可能ではありますが、恒久的な方法ではありませんし、日々余計なことを気にしなければいけないのは、ストレスにも繋がります。そこで支持されているのが、美容外科や皮膚科を利用したほくろの除去という選択となります。では、実際に除去の施術を受けたいとなった場合に、美容外科と皮膚科のどちらにせよ、一長一短と言えるポイントがあります。美容外科で除去の施術を受ける場合のメリットは、仕上がりの綺麗さというポイントが第一に挙げられます。皮膚科で除去を受ける場合のメリットとしましては、健康保険を利用することで、費用を安く抑えることが出来るというポイントが、第一に挙げられます。しかしながら、ほくろの状態によって健康保険が適応になる場合と、そうでない場合がありますし、仕上がりの綺麗さは医師の経験値や技術に左右される部分でもありますから、一概に美容外科と皮膚科のメリットとも、言い切れないということになります。除去の方法に関しましては、ほくろの大きさなどを踏まえ、レーザーによって簡単に消すことが可能なケースから、メスを使い切除が必要となるケースまで様々となります。また、ほくろは一旦除去しても、細胞が残っていると再発してしまうケースもありますので、出来るだけ綺麗に除去するのが望ましいと言えます。その辺も踏まえ、どの程度の仕上がりを求めるのか、皮膚がんのリスクに晒されていないか、予算の面はどうかなどを考慮して、決めると良いでしょう。美容外科を選ぶにせよ皮膚科を選ぶにせよ、ホームページや口コミなどをチェックし絞り込み、事前にカウンセリングや状態の診断をしっかりと受けておくことが、最終的に望む形に近い結果を得られることは間違いありません。