ほくろ除去にかかる費用!病院選びは実績で厳選しよう

レーザーと切除手術

女性

ほくろは美容外科クリニックに行けばきれいに除去できます。ほくろを取る方法は、レーザーを照射する治療かメスで切除する手術かのどちらかです。小さければレーザー治療で、大きければメスで除去するのが一般的です。

レーザー以外の治療法

ウーマン

ほくろの除去治療には、レーザー治療以外にも切除縫合法や電気凝固法、くりぬき法など種類が豊富です。大きさやほくろが盛り上がっているかどうかなどで、向いている治療法が変わります。施術を受ける場合は、治療の内容などを事前にチェックしましょう。

美容外科と皮膚科の選択

看護師

ほくろがコンプレックスで除去を考えているという場合、美容外科や皮膚科を利用した、ほくろの除去の施術という選択が支持されていますが、美容外科も皮膚かも一長一短がありますから、色んな部分を考慮する必要があります。

黒い斑点のタイプ

先生

女性は毎日メイクをしますが、すっぴんが美しい美肌が理想です。すっぴんに自信がある人は少なく、すっぴんになるとシミやシワそしてほくろがあるからです。シミやシワはヒアルロン酸などのコスメがあり、他にもプラセンタエキスなども人気です。またほくろにも除去クリームなどがあり、小さく薄いほくろは薄くすることもできます。ほくろには2通りがありますので、単純黒子と母斑細胞母斑のどちらかを知ることも大事です。単純黒子はメラノサイトから作られるもので、主な原因は紫外線からといわれています。単純黒子は小さなサイズになるので、除去クリームで消える場合もあります。また母斑細胞母斑はメラノサイトが急に増加し、サイズは大きいという特徴のあるほくろです。大きなほくろの場合は美容外科で施術をし、電気メスなどで切開をするのがおすすめです。美容外科では切開をしない方法もありますので、痛みが苦手な人が受けられるコースもあります。例えばレーザー機器による治療のコースなら、レーザー照射をするだけの施術でダウンタイムがありません。またレーザー治療で除去をするコースでは、10000円くらいが平均的な料金になります。他にも再発しにくいといわれるのが切除するもので、メスを使ってほくろを除去することができます。くり抜いて除去するコースであれば、くり抜いた後は止血をして軟膏を塗るようになります。また除去した後に検査に出すこともできるので、病気かどうかを調べることも可能です。そして美容外科だからできるのが切除と縫合で、顔や体のどの部分でもできるコースになります。1週間後に抜糸をしなくてはいけないので、施術をする日と合わせて2回通院が必要になる方法です。美容外科ではどんなタイプも除去することができ、タイプ別に合わせた施術方法で受けることができます。きれいなお肌になるためには病院が大事で、病院選びにはこのコースの実績が高いところにすることです。たくさんのメニューがあるコースなので、レーザー治療やメスなどすべてのメニューの症例数がポイントです。

美容外科で悩みを解消

鏡を見る人

ほくろを除去する方法として最も一般的なレーザー治療は、施術時間も短く、跡も残りづらいことから広く普及しています。凹凸のあるほくろなど、レーザーでの除去が難しい場合には、芯を残してしまうと再発のリスクがある為、切除法を採用することになります。

状態に合わせて施術を選ぶ

レディ

顔にあるほくろは、多くの人にとって悩みの種です。そこで利用したいのが、医療機関でのほくろの除去です。医療機関では、炭酸ガスレーザーや電気メスでほくろを的確に除去してくれます。